なめてはいけないコンピュータウイルスの脅威

投稿者: | 2017年4月19日

14-1 コンピュータウイルスの脅威について
14-2 会社のコンピュータがウイルスに感染
14-3 外部からパソコンが乗っ取られる
14-4 企業の貴重な情報の漏洩の可能性について
14-5 ウィルス感染するとパソコンが起動しなくなる
14-6 パソコンを乗っ取るコンピュータウイルス

コンピューターウイルスが怖いと思うのは、
まず自分がウイルスに感染しているのか気づかないことです。

14-1 コンピュータウイルスの脅威について

パソコンは多かれ少なかれ不具合が生じます。
しかし、それがウイルスによるものなのか?
それとも不具合によるものなのか?
大半の方はわかりません。
それが2年も3年も使用しているパソコンならばなおさらです。

私の経験で「これはウイルスに感染したな」っと思ったのは、
画面の×印を押しても押しても新しい画面が
ドンドンどんどん出てきた時です。
これはヤバいと思い、即パソコンからLAMケーブルを抜き取る、
パソコンの電源を強制的に落としました。

14-2 会社のコンピュータがウイルスに感染

3年ほど前ですが、私の同僚があるデータをもらう為に
USB機器を持っているか聞かれました。
私は持っていなく、他の同僚が持っていたので
それを渡したのですが、
何やらその本社のサーバーにアクセスできなくなりました。
本社のサーバー管理者に聞くと、
サーバーがウイルスに感染したとのことでした。
そして調査した結果、ウイルスの感染経路は、
なんとUSB機器からだったのです。
何気にデータの受け渡しのためにUSB機器を使用していますが、
そんなところまでウイルスの魔の手が伸びているとは
思いも知りませんでした。

14-3 外部からパソコンが乗っ取られる

現代ではスマホでネット接続をしていない人見つけるのは、
非常に難しいです。
そして外出先でよく使用するのが無線wifiです。
レストランやカフェに無線wifiがあれば何気に接続しているかと思います。
しかし、そのwifiはセキュリティー上管理されているか問題です。
wifi接続をしているエリアは、その場にいる人皆が共有しています。
セキュリティーに配慮されてないwifiなら簡単に外部から侵入されます。

14-4 企業の貴重な情報の漏洩の可能性について

よくどこどこの企業の個人情報が何万件流出したなど
ニュースで聞きます。
ニュースにされる企業は大体大企業です。
大企業にはどれだけセキュリティーに投資しているかによりますが、
必ずサーバー管理者がいます。
その状況下でも貴重な情報が盗まれるのであれば、
中小企業や個人商店などの小規模な企業はどうでしょうか?

14-5 ウィルス感染するとパソコンが起動しなくなる

普段は何気にパソコンを起動していますが、
突然パソコンを起動しても起動画面が表示されない
経験はありませんか?
この時点では、まず電源を強制的に落として
パソコンを再起動します。
しかし、それでも起動画面が表示されない時、問題は結構深刻です。
パソコンがウイルスに感染されている可能性があります。
最悪、パソコンを初期化する必要があります。
初期化するとパソコンに入っているデータが全て消えます。
いざという場合に備えて、データのバックアップは細目にとりましょう。

14-6 パソコンを乗っ取るコンピュータウイルス

「スノーデン」という映画を見た事がありますか?
スノーデンはアメリカのNSAで働いていた超優秀なITエンジニアです。
パソコンを使用している方は、皆この映画を見ることをすすめます。
この映画を見ると、ITエンジニアにかかればいとも簡単に
パソコンがハッキングできてしまうのかわかります。
そして、パソコンにウェブカメラがついている人は気を付けてください。
そこから私生活が覗かれているかも知れません。
私のノートパソコンにあるカメラ部分には、シールが貼ってあるので
覗けないようになっています。

私は以前インドのバンガロールで約9カ月IT留学をしていました。
その学校のインド人講師が言っていたのですが、
プロのITエンジニアにかかれば簡単にパソコンはハッキングできるそうです。
ハッキングされると最悪、あなたの銀行口座・クレジットカードなどの
個人情報が抜き取れ悪用されます。
ですので身に覚えのないメールやファイルは絶対に開けないでください。
そして、お金をケチらずに有料のウイルスソフトを購入してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です