ノートパソコンの内蔵ハードディスク交換

投稿者: | 2017年4月28日

17-1 内蔵ハードディスクの交換は意外と簡単
17-2 内蔵ハードディスクの交換はメーカー保証対象外
17-3 続規格の種類
17-4 ハードディスクの厚み

内蔵ハードディスクの交換は、皆が考えるほど難しくありません。

17-1 内蔵ハードディスクの交換は意外と簡単

ハードディスク単体が1つの製品なので、それを付け替えるだけです。
気を付けなくてはいけないのは、
内臓ハードディスクには、パソコンの全データが入っています。
万が一の為にも、外付けハードディスクにバックアップをとってから、
取り換えを行いましょう。

17-2 内蔵ハードディスクの交換はメーカー保証対象外

しかし、超薄型パソコンの場合ですと、
ハードディスクが交換できないことがあります。
あと忘れていけないことは、ノートパソコンは
メーカーが指定した部品を使用しています。
別メーカーのメモリーやハードディスクに交換し
不具合が起きてもメーカー保証の対象外となります。

17-3 続規格の種類

内蔵ハードディスクの接続規格には、SATAとIDEとがあります。
最近のノートパソコンは、ほぼすべてSATAです。
逆に、XP以前のOSがプリインストールされているパソコンでは、
IDEが主流です。購入前に必ず確認しましょう。

17-4 ハードディスクの厚み

2.5インチハードディスクには、
主として9.5mm厚と12.5mm厚があります。
ハードディスクに内蔵されているプラッタの枚数によって
製品の厚みが変わってきます。
プラッタ2枚以下が9.5mm厚、プラッタ3枚が12.5mm厚です。

特に、12.5mm厚のハードディスクは物理的に取り付けられない場合があるので、
交換可能かどうかは事前に確認しておいてください。

内蔵ハードディスクを購入する際は、適合しないものを選ばないよう気をつけてください。
多くの場合、9.5mm厚でSATA接続のはずです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です