コンピュータウイルスはどれだけに危険?

投稿者: | 2017年5月25日

26-1 コンピュータウイルスとは
26-2 コンピュータウイルスに感染すると
26-3 コンピュータウイルスの種類・特徴
26-4 コンピュータウイルスに感染しないために
26-5 まとめ

コンピュータを使用している方なら誰でも耳にするのが、
「コンピュータウイルス」です。

26-1 コンピュータウイルスとは?

コンピュータウイルスとは、何なのか?
詳しく理解している方はごく少数かと思います。

わからなくとも何気に市販のセキュリティソフトを使ったら、
お金を使いたくない人は、
ネット上にあるフリーのセキュリティソフトを使用しているかと思います。

コンピュータウイルスとは、
人間でいうと風邪のウイルスと同じで、
コンピュータ内に入り込み、害を与えます。
風邪のウイルス同様、セキュリティソフトが機能してなければ、
いつ、どのように侵入しているのか気づかないのが
このウイルスの怖いところです。

26-2 コンピュータウイルスに感染すると

コンピュータウイルスがどんな悪影響を与えるのか、
漠然としているかと思いますので、
具体例をお話しします。

2010年に「イカタコウイルス」と呼ばれるファイル破壊型ウイルスが
ファイル共有ソフトを介して多くのパソコンに感染しました。
「トロイの木馬」と呼ばれる危険なウイルスで、
ある有益なプログラムのように見せかけ、だましていました。

このウイルスは、パソコン内にあるどんなファイルも
イカやタコのイラスト画像ファイルに換えてしまいました。
換えてしまうファイルは、個人ドキュメントにある写真などだけに限らず、
パソコン使用上重要なシステムファイルまでも置き換えてしまし、
最悪、パソコンが起動できなくなってしまう問題が起きました。

26-3 コンピュータウイルスの種類・特徴

ウイルスの種類についてシンプルにお伝え致します。
インターネット上には数えきれないほどのいろんなウイルス存在します。

まず有名なウイルスで聞いたことのある方もいるかと思いますが、
「ワーム」です。
ワームは主、添付ファイルや画像などにひっそり隠れ付いているものや、
webサイトかたうつるモノもあります。
主に、インターネットから感染します。
感染すると、パソコン内部のシステムを破壊し、
コンピュータが正常に動かなくなったり、問題をおこします。

次は「トロイの木馬」です。
このウイルスはたくさんの人が聞いたことがあるかと思います。
これはプログラムを装ってコンピュータに侵入を試みます。
感染すると、データを書き換えられたリ、
コンピュータの中身を別のコンピュータに勝手に送信するなど
コンピュータを乗っ取ってしまう可能性もあります。

最後に、「スパイウェア」です。
これは上記2つのウイルスとは違い、
いつの間にかコンピュータに入り込んで、
パソコン内のあるデータを外へ送信するウイルスです。

このほかにも「ボット」「ロジックボム」など
いろんな種類のウイルスがあります。

26-4 コンピュータウイルスに感染しないために

ウイルスは怖い存在ということがわかったかと思います。
それではウイルスに感染しない為に、
どのように対策したらよいでしょうか?

まずはインターネットを使用する以上、
市販されているウイルスやセキュリティソフトは必ず購入し活用してください。
中にはお金を払いたくないので、
ネット上にあるフリーソフトしか使用していない方がいます。
対策ソフトを使用していないよりましですが、
無料な分、ウイルス対策が不十分です。

ウイルスは日進月歩、日々進化しています。
フリーソフトは最低限の機能しかついておらず、
最新のウイルスに対応しているとは思いません。
有料で購入したソフトは、有料な分、何か問題があれば
企業イメージにも影響がでることから
セキュリティシステムを常に最新にアップデートしています。
そして、パソコンを扱っている人自身にも注意が必要です。

ウイルスは、人の心理をついて潜んでいます。
例えばあなたがウイルスを大人数に感染させたいのであれば、
どのようにするのが一番効果的なのか考えてください。
私であれば、無料でダウンロドできる音楽、動画、ソフトに忍ばせます。
Vectorのような皆が知っているフリーソフトを提供しているサイトでしたら
ダウンロードしても問題ないのですが、
海外のサイトでダウンロードしようと思ったら、
ちょっと怪しいサイトに飛んだりしたら要注意です。

現代ではインターネットでいろいろ検索すると
音楽、映画、ソフトなどが違法ですが無料ダウンロードできたりします。
有料商品を無料使用できるというのは非常に魅力的ですが、
その裏に何かが潜んでいるのか十分注意して行動してください。

26-5 まとめ

最後にコンピュータウイルスは映画でよく見るAIが
勝手に作り出しているわけではありません。
人の手によって作り出されています。
人が作り出すモノには必ず何か意図があります。

ウイルスはある意味テロリストと似ています。
最近ニュースで「サイバーテロ」というのを聞きます。
サイバーテロはよく国と国との間で繰り広げられる
サイバー、ネット空間でのテロリズムです。
主な目的は、相手国家の機密を奪ったり、セキュリティを麻痺させることにあると思います。
というのも現代ではほとんど全てコンピュータ制御に頼っているからです。
そのシステムに支障をきたすウイルスが紛れ込ん混んだら大参事になる可能性があります。
個人や企業に置き換えても同じです。
ウイルスに感染したら個人情報や企業情報が他者にわかり
悪用される恐れがでてきます。

ウイルスに感染しないためにも、
最低限有料のウイルスソフトを自身のコンピュータに
インストールするのは言うまでもありませんが、
ネット上に仕掛けられているウイルス感染の罠にも十分注意を払ってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です